茨城県市町村保健師連絡協議会のホームページ

トップページ > 協議会の紹介 > ごあいさつ・概要・組織・会則

協議会の紹介

令和元年度 ごあいさつ

 昨年度より引き続き会長として、務めさせていただきます下妻市の森でございます。


 新元号「令和」の時代を迎え、5月27日に定期総会を無事に終了することができ、会員の皆様には大変感謝しております。本会は、新会員が44名増え、会員数731名となりました。また、県内でも、課長職、部長職等管理職保健師が増え、統括保健師の配置も確実に進んでおります。

 これも、母子保健分野では、妊娠期から子育てまでの切れ目のない支援の推進、また、障害も含んだ地域包括ケア、地域共生社会の推進、そして、成人保健分野では第3期データヘルス計画にそった保健活動、特に重症化予防対策、ガン検診対策。そして「健康なまちづくり」、健康無関心層へのアプローチが自治体の重要政策として打ち出されてきており、自治体の中の専門職としての保健師の必要性と、私たちの日頃の活動の成果が認められてきたものと強く思います。


 最近では、超高齢社会の進展や人口減少という人口構造の変化に加え、地域のつながりの希薄化、住民ニーズの多様化複雑化、進む医療制度や社会保障制度の改革等、地域保健を取り巻く状況は大きく変化しております。
 また、健康格差の問題や災害時の保健活動、新興感染症の健康危機管理対策が、クローズアップされており、私たち保健師に期待される役割や活動領域はますます拡大しております。
 このような中で、国や県から数々の施策が下りてくる中にありますが、あらゆる対象の人々すべてが、地域で望んだ暮らしを続けることができるよう、自分のまちならではの健康づくりを推進していくことが重要になってきます。


 保健師ならではの、住民に寄り添うきめ細やかな支援を行い、関係機関等へつなぎ、さらに必要な施策化などの仕組みづくりを行う。そのために「地域をみる・つなぐ・動かす」という保健師の専門能力が必要であり、専門職として自己研鑽し、「保健師力」を最大限に発揮できるよう努めていかなければなりません。
 そして、保健師として地域に責任を持つ活動をしていきましょう。そのためには、長年培ってきた先輩保健師の活動、思い、保健師としてのビジョンを共有し、発展させ、それをしっかりと後輩へ引き継いでいきましょう。


 その実現のため、本会では、茨城県保健師活動指針に基づき、『地域に責任を持つ保健活動』を目指す保健活動として掲げ、保健師の人材育成、資質の向上に努めてまいります。 
 活動内容といたしましては、中央研修会やブロック毎の研修会を開催すると同時に、昨年に引き続き、中央での会議、研修会、学会等への参加を本会より支援させていただきたいと思っております。中央の研修に参加することで、最先端の知識を学び、先進自治体の活動を聞き、全国の保健師と交流する機会を持つことで、皆様方の日々の活動に大きく役立てていただきたいと思います。


 また、県と市町村共同で作成しました「茨城県保健師人材育成指針」第2版に基づいて、保健師の人材育成が体系的に推進されるよう、研修会等を通じて進めてまいります。また、当協議会の研究部会として「キャリアラダー研究部会」を立ち上げ、昨年度は公衆衛生学会と、公衆衛生看護学会学術集会において演題発表を行うことができました。

 今年度も茨城県、茨城県国保連合会、茨城県看護協会とともに活動してまいります。特に保健師の人材育成につきましては、県健康・地域ケア推進課の皆様にはお世話になっております。


 最後に、本会は、昭和35年に発足し、今年で創立59年になります。来年度は60周年となり、記念誌の発行を計画しております。「令和」の年号の英訳は「ビューティフルハーモニー」だそうです。このように、この長い歴史を大切にし、会員の皆さまや、関係諸氏の皆様のお力添えをいただき、「すばらしい美しいハーモニー」を奏でられますように、会の発展のため、保健師活動の発展に尽力してまいります。


 今後とも、皆様からのご指導、ご鞭撻を頂きますよう、よろしくお願いいたします。

 

茨城県市町村保健師連絡協議会長  森 陽子

 

概要

<設立のあゆみ>

昭和35年 茨城県国保保健婦業務研究会設立 (国民健康保険制度改正)
昭和53年 茨城県市町村保健婦業務研究会に名称変更 (市町村保健婦の一元化)
昭和54年 茨城県市町村保健婦連絡協議会に名称変更  
平成14年 茨城県市町村保健師連絡協議会に名称変更 (保健師助産師看護師法の改正)
平成22年 茨城県市町村保健師連絡協議会創立50周年  

<会員数>

水戸ブロック 174名 日立ブロック 150名
土浦ブロック 255名 筑西ブロック 152名

 

会員総数 平成31年4月1日現在 731名(茨城県内44市町村)

※各市町村の所属配置人数につきましては、会員専用コミュニティーの中に掲載しております。

 

 

組織

<ブロック構成>

ブロック構成

 

茨城県市町村保健師連絡協議会役員名簿

任期 平成30年 4月 1日~令和 2年 3月31日  ○印
任期 平成31年 4月 1日~令和 2年 3月31日  ◎印
任期 平成31年 4月 1日~令和 3年 3月31日

役員名

氏名

支部名

市町村名

ブロック名

備考

会長

森 陽子

常総支部

下妻市

筑西ブロック

副会長

渡邉 有美

土浦支部

かすみがうら市

土浦ブロック

國分 紀子

水戸支部

水戸市

水戸ブロック

 

常任幹事

小島 登史江

常総支部

坂東市

筑西ブロック

木村 知美

大宮支部

常陸大宮市

日立ブロック

 

ブロック長

竹内 久枝

水戸支部

笠間市

水戸ブロック

 

大谷 敦子

日立支部

日立市

日立ブロック

石田 美奈

つくば支部

つくば市

土浦ブロック

 

宇都木 由紀子

筑西支部

結城市

筑西ブロック

教育委員

藤本 景子

水戸支部

大洗町

水戸ブロック

佐藤 央庸

鉾田支部

鉾田市

水戸ブロック

 

初瀬 幸代

ひたちなか支部

那珂市

日立ブロック

緑川 真希江

日立支部

北茨城市

日立ブロック

 

石島 弘美

つくば支部

つくばみらい市

土浦ブロック

佐藤 差智子

龍ケ崎支部

守谷市

土浦ブロック

 

柴 和子

古河支部

古河市

筑西ブロック

幡谷 るみ子

筑西支部

筑西市

筑西ブロック

 

幹事

藤枝 多嘉子

潮来支部

鹿嶋市

水戸ブロック

坂本 聖子

土浦支部

美浦村

土浦ブロック

金澤 優美

日立支部

高萩市

日立ブロック

 

監事

磯崎 歩美

土浦支部

土浦市

土浦ブロック

木村 和恵

水戸支部

城里町

水戸ブロック

 

 

茨城県ブロック表

 

会則

茨城県市町村保健師連絡協議会の会則は以下PDFファイルに記載しています。

会則(PDF:161KB)

 

 

ページのトップへ